だいぶ苦労したみたい

試着はしていましたが、今回次男に初めて大人の男の浴衣を着せました。
おはしょりがない分やはり難しいですね。
帯は自分で貝の口を締めましたがちょっとゆるかった様子。
ちょっと肉厚ではありますが、大人の男の人の貫録があるわけでなく補正もしなかったため
時々帯が上に上がってきてしまってました。
帯に扇子を挟み、印伝柄の信玄袋を持って、本当は二枚歯の下駄をはきたかったようですが、
まだ買ってないし、道中階段が多いので危険を感じて右近型、青海波の鼻緒。

e0093705_12224044.jpg次男の浴衣。仕立て上がりではなく、
裄と腰回り、着丈を測って仕立ててもらいました。
帯はリサイクルショップで見つけた綿の角帯

e0093705_1229441.jpgこちらは当然私。
有松絞の浴衣と流水柄の羅の八寸帯。
角出しにして、帯揚げはくすんだ薄い黄色、
帯締めは濃い青に2本白のラインが入っている三分紐。
帯留は三日月と猫。

e0093705_12334681.jpg世界報道写真展の時のもの。
着物は以前人形展で着たもの。
帯は組織の八寸。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2012-08-26 12:37 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyaya.exblog.jp/tb/18721236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。