ようやく普通の単衣が着れるかな?

「暑さ寒さも彼岸まで」は一応今年も当てはありそうなここ最近の朝晩の気温と、今日の日中の気温。
いくら気温が高くても、日差しの色が変わり、全くの夏物はそろそろ寒々しい感じですね。

というわけで、単衣に衣替えする前に着たものを。

e0093705_16213251.jpgヴェネチア展の時の着物。
去年行った江戸絵画の時の着物の色違いです。
一年近くかかって貯めたポイントを全部使って
半額くらいで手に入れました(笑)
帯は羅の八寸。
楓柄というより、色的に紅葉柄といったほうがいいのかな?

e0093705_16283349.jpgバーン=ジョーンズ&パール展の時の着物
着物は世界報道展の時のもの。
帯は江戸絵画の時と同じ紗の博多献上。


e0093705_16332741.jpg紅型展の時の着物。着物は夏大島。
やっぱり大島は着心地がいいです。
帯はバーン=ジョーンズ&パール展と同じ。
半幅や紗に限らず博多献上はお気に入りの帯です。

e0093705_16513489.jpg截金展の時の着物
着物はルノアールの時と同じ夏結城。
帯は絽の九寸。

お盆が明けてからは帯揚げを絽縮緬にしたり、色を黄色や橙色や蘇芳色にしてます。
半襟も9月に入ってからはビーズでなく普通の絽塩瀬にしました。
帯留もガラス製でも紅葉や夕方の蝙蝠、陶器製をつけました。

截金展の日はどこぞでお茶の会でもあったのでしょうか、あちこちで着物姿の人を見ました。
みんなどう見ても普通の単衣に夏用でない帯。道行を着ている人もいました。
9月は単衣といいますが、暑くて私には無理です。みんなえらいなぁ…。
でも、彼岸のうちにはさすがに私も着物や帯の入れ替えをする予定です。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2012-09-22 16:57 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyaya.exblog.jp/tb/18909990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。