結局

この夏は絽を着ずじまいでした。
さらにいまだに袷はおろか胴抜きも着てません。
いい加減11月に近いんだけど…。

e0093705_2203221.jpg香雪美術館とファッション美術館の時の着物
綿の単衣に綿の名古屋帯。
9月の終りに近かったのですが、
怖くて絹の単衣が着れませんでした。
さらに胴の部分が綿になっているポリの袖単衣の胴抜き襦袢に、
塩瀬の半襟。
本当は紋紗の襦袢を着たかったのですが、
それについているのは絽の半襟なので付け替えるのが面倒だったので。
絽縮緬の帯揚に三分紐の帯締、
鍔の形をしたストラップに手を加えて作った帯留め。

e0093705_22124628.jpg工芸展の時の着物
2010年に高島屋のを見に行った時の単衣の着物に、
去年の民博の時の帯

普通の単衣の襦袢に塩瀬の黄土色の色半衿。
綸子の帯揚に三分紐、陶器の猫の帯留。
日向は少し熱いくらいでしたが、
風が吹いたり日陰だとちょっと肌寒かったので
レースの羽織を着ました。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2013-10-26 22:12 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyaya.exblog.jp/tb/21244656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。