試験外泊するまでは忘れていました

試験外泊の時、玄関の外の物置のものを確認しようと外へ出るのに
つい癖でつっかけをはいてしまい、あわてて入院中履いている靴に履きなおしてました。

その時ようやく先生に聞かなければいけないことがあったのを思い出したのです。

“下駄と草履は履いていいのか?”

病院に戻った次の日の朝先生が回診にいらっしゃった時確認したところ、
下駄は右近、船底など安定したものなら大丈夫(絵を書いてみてもらいました)。
草履も大丈夫。サンダルもつっかけもOK。
要は足元が不安定でなければいいということ。
さすがに二枚歯の下駄は無理ですね。

実は着物のほうが衣替えが大変なので入院前に済ませていたんです。
出てからでも洋服は何とかなると思って置いといたんですよね。

でももう一つ大事なことを忘れていました。
下駄・草履の衣替えはまだでした。

もう少し動けるようになったら子供らに取ってもらおうと思ってます。
季節外の下駄・草履は棚の最上段に置いているので。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2014-06-10 20:39 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyaya.exblog.jp/tb/22099112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。