いろいろ満足

暮れに一つあけて一つ美術展に行ってきました。
暮れのはメトロポリタン美術館 古代エジプト 女王と女神
年明けのは青池保子 華麗なる原画の世界 ~「エロイカ」から「ファルコ」まで~です。

エジプト展は家族で。これまで見たエジプト関連で上位の満足です。
展示も間隔が広めで説明も見やすく、ゆっくり見ることができました。

青池さんのほうは長男が離脱したので次男と。
既に展示替え後だったのが残念でしたが、
各パネルの青池さんのコメントも面白くとても楽しめました。

しかし京都国際漫画ミュージアムは大変危険な建物でした…。
何がって親子そろってマンガの壁から動けないんですわ…(● ̄▽ ̄●;)ゞ
もともと家族皆美術展を見るのは割と早く、20分と掛からないこともしばしば。
今回入場券を買って係りの人に手渡すと
「今日に限り17:30まで再入場が可能です。開館は18:00までです」
と言われ、開館間もなくで入ったのもあって
「なーにいってん。そんなかかるわけないやん」と内心思ってました。

が、入ってエレベーターに近づき視界に入ったものがわかると
「あかん…ここ…出れん」
次男が午後から学校に行く予定にしていなければ夕方までほんとにいたでしょう。

入場者も老若男女どころか海外からの方まで。
ほんとに様々であちこちの椅子に座って本棚から持ってきて読んでいます。

正直「何故京都にこのミュージアムがあるのだろう」と思っていましたが、海外の方たちを見て納得。
京都に来れば古都も"マンガ"も見られるわけですね。

お昼はもともと予定していたミュージアムにあるカフェ。
壁の漫画家の絵やサインが壮観でした。

食券販売機でメニューを見て考えていたら次男がおもむろに「これ食べたい」と言って指差したものは…
「エーベルバッハ少佐の揚げたイモ」
目が点になりましたが、思わず私も「エーベルバッハ少佐のイノシシケーキ」のランプを押していました( ̄∇ ̄*)ゞ

入口に携帯禁止のマークがあったので店員さんに確認してから撮影。

e0093705_11342273.jpgエーベルバッハ少佐の揚げたイモ


e0093705_11344315.jpgエーベルバッハ少佐のイノシシケーキ

ランチシートはしっかり持って帰ってスキャン済み。
普通に昼のメニューも頼んだのでケーキは二人で分けました。おいしかったです!
※「壁の絵やサインには著作権があるので撮影してもネットにあげたりしないで下さい」とのこと。皆さんご注意を


ここに行くときはこういう特別メニューがあるときのほうがより楽しいかも。
それと、一日時間のある時に行きましょう!!!!(←オイ)
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-01-10 11:38 | Entertainment | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyaya.exblog.jp/tb/22717031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。