2か月半?ぶりに話せました

12月に就労相談に行ってから、施設の正月休み明けに電話をしたのですがその時にはいらっしゃらず
午後には戻られるといわれたのでかけるつもりではいたのにその時間にはすでに気力がなく
そのまま2か月連絡しないままできてしまいました。

現状を知らせずこのままというわけにもいかず、
年度が替わるとどうなるかわからないところもあり
何とか電話をし担当の方と話すことができました。

基本”就労に向けてのサポート”をしているところなので
今の私の状態では相談自体も体調が戻るまでいったんストップとなりました。
やはり焦って仕事を始めて体調が悪いからと途中でやめることになるのはよくないとのこと。
来年度はやはりまだわからないそうですが、「元気になったらまたお願いします」と電話を切りました。

なんというか、もどかしいです。

あしたで4年ということで震災関連のニュースも多くなってます。
知っていなければいけない、忘れてはいけないことだと思うのでそれはいいのですが
被災者の心の面の問題点を取り上げる内容が今年は多いので見ているとつらいです。
自分と比べたりしてしまうので。
見ていたのですが、耐えられずテレビをとめてしまいました。

「いつまで甘えているんだといわれる」「もっと大変な人はほかにもいるので」などの言葉。
避難生活が続くうちに家族関係が変わってしまった人たちに起こった事柄。

すでに12年目に入ってしまっている私。
なのにほとんど元に戻ってしまった現状。
でも年は取り体もあちこちガタは着て、周りも変わっていきます。
にもかかわらず気持ちの面ではちっとも変わらない変われない自分。

「やすみなさい」といわれたけれども心から休まっていない気がします。
夢見もこのところ悪いです。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-03-10 15:10 | 諸事情 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyaya.exblog.jp/tb/22867727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。