今日はだいぶ気温が上がったみたい

袷を着るのがつらくなりそうな日も出てきました。
明日は夏日ですって。単衣でもいいかなって気がします。

e0093705_22133988.jpg昨年末買い物に行った時の着物。
ウールに綿の九寸、モスリンの襦袢。
クリーム色・柄物の縮緬の帯揚、濃紺の三分紐、陶器の兎の帯留。
ウールの羽織、ウールの道中着で出ました。

e0093705_2217299.jpg初詣の時の着物。
縞小紋に袋帯。この小紋は共八掛になっていました。
朱色の縮緬の帯揚、冠組の帯締。
ピンクの絞りの羽織を着ました。

e0093705_2223432.jpgお正月に買い物に行った時の着物。
ウールの着物に半幅。
こげ茶の縮緬の帯揚、黄土色の三分紐。
年末の買い物の時とおなじ兎の帯留。
ウールの羽織、ウールの道中着。

e0093705_2229820.jpgチョコを探しに行った時の着物。
三部式の帯にした博多帯。
ところどころ絞りが入った帯揚、薄灰色の三分紐。
陶器のヤマネの帯留。

e0093705_22332996.jpg志村ふくみ ―母衣(ぼろ)への回帰―に行った時の着物。
京都文化博物館東京に行った時の着物です。
絞りの九寸帯にこげ茶に縞の入った縮緬の帯揚。
青紫の三分紐にチョコを買った時に見つけた猫の陶器の小物に
帯留金具を張り付けて作った帯留。

e0093705_22432454.jpg桃の節句のお菓子を買った時の着物。
染の九寸帯、深緑の縮緬の帯揚。
黒地に白の市松の三分紐、陶器の蝙蝠の帯留。

e0093705_22494140.jpg用事で出かけたときの着物。
ハプスブルグの時と同じです。
だいぶ着ていなかったのは膨らんだのでorz
もともとヤフオクで手に入れたためこの当時でも結構寸法がぎりぎり。
柄が気に入っていたから思い切って洗い張り・仕立直ししました。
帯は松園に行った時のもの。
薄いブルーグレーの帯揚に薄いピンクの三分紐。
縞猫の陶器の帯留。
単衣の羽織。

e0093705_231311.jpgルノワールの時の着物。
大島に組織りの八寸帯。
黄色の帯揚に茶色の三分紐。
黄楊のチューリップの帯留。
単衣の羽織。
4月に入ったので縮緬の帯揚はやめました。

e0093705_2364698.jpgメイデン話をしたかったので出かけたときの着物。
エルミタージュの時の胴抜小袖の時の九寸帯。
これまた膨らんだので六通以外の帯はあまり締めていないのですが、
この帯は六通に見えますが
お太鼓の部分と前帯の部分のみに色が差してあり、
結構ドキドキでしたが着れました。はははorz。
水色の市松の織り目のある帯揚に冠組の帯締。
レースの道中着を着て出ましたが、帰りは脱いで帰りました。

さすがにほっときすぎました。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2016-04-25 23:20 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hiyaya.exblog.jp/tb/24331081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。