2015年 04月 01日 ( 3 )

こっちも忘れそう

忘れないうちに

e0093705_20302019.jpg今年の初詣
臙脂の縮緬の帯揚に白と金の三分紐。
小花の珊瑚の帯留。
絞りの羽織を合わせました。

e0093705_20393848.jpg毎年恒例の食事会にて。
母が作ってくれた袷周年記念ライブの時の帯
裄を直してもらったので自分の胴単衣袖無双の襦袢で。
縮緬の柿色の帯揚に黄土色の三分紐。
紅梅の帯留。

e0093705_20445242.jpg晩に浅草寺に行った時の着物。
お気に入りの大島に消費税が上がる前に仕立ててもらった
リバーシブルの帯

朱色の縮緬の帯揚、白と黒のツートンカラーの三分紐。
半襟は塩瀬の市松、帯留は陶器の猫。

e0093705_20482273.jpg美術館めぐりの時の着物。
帯は反対側です。
深緑の縮緬の帯揚に臙脂の三分紐。
帯揚げは陶器の兎。

e0093705_20514980.jpg帰りの着物。これも大島。
縮緬の半幅。結構便利です。
生成りに毬の柄の縮緬帯揚に深緑の三分紐。
鍔の帯留。

e0093705_20552198.jpg初詣と美術館めぐりに着た絞りの羽織。
桃色花柄の絞りの羽織を少し休ませたくて手に入れました。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-04-01 21:11 | | Trackback | Comments(0)

夜は初めて

何度めかの浅草寺ですが、実は夜に訪れたのは初めて。
ライトアップしていて綺麗でした。

e0093705_2115684.jpg



e0093705_2104634.jpg  e0093705_211965.jpg e0093705_2113857.jpg

帰りに可愛い簪の店を見つけ、柘植と黒檀の簪を買いました。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-04-01 21:09 | | Trackback | Comments(0)

ボーっとしてたら新年度

調子が上向いたわけではないのですが、躁に入るのか無性に出かけたくなる時があったりして、
その時に見たものを

グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家
東京国立博物館・常設展
ボッティチェリとルネサンス
江戸ッ娘-Kawaiiの系譜
ティム・バートンの世界

ボッティチェリがあまりパッとしなかったのは好みのせいでしょう。
グエルチーノのほうが迫力を感じました。

東京国立博物館で一番気に入ったのは忠臣蔵の役者絵の巻物。
全部が見えるわけでなかったので一度全部見てみたいです。

江戸ッ娘は髪飾りや着物の柄に特化した内容でコーディネートの参考にもなり、
図録がなかったのが非常に残念でした。

ティム・バートンは行く予定でなかったのですが
定期を買いに電車にのったらつり広告でも見たのか息子がいきなり「行きたい!!!!」と言い出したもので。
独特の雰囲気のある人ですしアニメーションなどもあり楽しかったです。
しかし図録があり得ない状態。
展覧会用のはまあ普通の値段ですが展示内容から抜粋。
まて
もう一つは「全作品」で9000円
は??????
ええ、やめました。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-04-01 20:19 | Entertainment | Trackback(1) | Comments(0)