カテゴリ:和( 182 )

やっぱり大物動かすのは大変

これまで季節外の帯を茶箱に入れて押入れに置いていましたが、
ちょっとめんどくさくなってきたので帯用の箪笥を買い足しました。

これで季節毎にガタガタしなくて済むようになりました。

その代りそこに至るまでの片づけに結構かかってひと月着物が着れてません。

それと今ちまちまと縫い物もしていたりします。
この前は洗い張りをした胴裏で腰紐を縫っていましたが、
さすがにそう何本も腰紐はいらないので
湯文字を作ることにしました。

もともとすべてさらしで作っていたのですが、
腰布以外を絹で作ったらすべりもいいから使いやすいのじゃないかと。
とりあえずためしに八掛でつくってみました。
色がはっきりしているので薄物の下には使えませんが、
試着したところいい感じです。

湯文字なら結構布も使いますし、裾除けもやってみてもいいかとも思っています。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-08-16 21:42 | | Trackback | Comments(0)

浴衣の人が多かった

先日の東京行は着いた日が七夕で、四万六千日もあったためか浴衣の人が多かったです。
まあ私自身はすっかり七夕の日であることを忘れていたのですが…
頭の中には絵と四万六千日しかなかったので。ハハハ。

e0093705_14504815.jpg
浮世絵に行った時の着物。
しじらと先日買い物に行った時の綿の帯
紋紗のポリ麻の長襦袢、絽の半衿。
深い臙脂の絽帯揚と白地に黒の四角柄の三分紐。
浜千鳥のガラスの帯留。

e0093705_14584460.jpgボルドーの時の着物
同じくしじらに去年お返しを買いに行った時の紗献上帯
紋紗のポリ麻長襦袢、絽の半衿。
うす黄色の絽帯揚と灰青の三分紐。ガラスの黒猫の帯留。

e0093705_153292.jpg四万六千日の時の浴衣。
浴衣と言っても浴衣仕立てたものでなく
単衣仕立てしたしじらを長襦袢なしで着たわけです。
黄色の絽帯揚に臙脂と黒のツートンカラーの三分紐。
ガラスの金魚の帯留。

e0093705_1595016.jpg帰路の着物。
1日目のしじらに2日目の帯。
紋紗のポリ麻の長襦袢、絽の半衿。
深緑の絽帯揚に黄色の三分紐。ガラスの金魚の帯留。

雨が降っていることが多かったので紗の雨コート、
足元は雨草履で行き、竹貼りの右近下駄を持ち歩いて天気で履き替えました。
竹針の下駄にしたのは四万六千日に裸足で履くため。

これまで着物で東京に出たときは冬だったのですが初めての夏。
長襦袢と下着や足袋は2回洗って数を減らしたんですが鞄の容量的にこれ以上は無理でした。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-07-17 15:55 | | Trackback | Comments(0)

8年ぶりの四万六千日

8年前に買ったほおずき去年枯らしてしまったので、四万六千日に行ってきました。

今日はいい天気ですが残念ながら行けた昨日は雨。
それでもやはり四万六千日。結構人出はありました。
本当は夜の四万六千日に行ってみたかったのですが体力の関係で夕方です。
それでも関東にいたころは13時ごろには浅草寺を出ていたので
今までで一番遅い時間の四万六千日です。

しかも浅草線の浅草駅から浅草寺の往復しかほとんどしていなかったのですが
今回宿の位置の関係で四万六千日では初めて雷門通りの西から浅草寺に向かうことに。
すると通り沿いに荷台にいっぱいほおずきを乗せたトラックが止まっていました。
確かにお店にあるだけでは二日分足りるわけないですよね。

それと東京についた7日にも夕方に一度お参りに行っています。
その時には四万六千日の屋台の準備が少しされていました。
また、今回はほおずきは送ってもらいましたが、なんと宅急便の人が待機してるんですね。
これまで来た四万六千日では見られなかったもの気づかなかったことがいくつか見られてよかったです。

ちなみに7日のおみくじは凶、リベンジと昨日引いたおみくじは大吉でした。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-07-10 22:29 | | Trackback | Comments(0)

木曜から

洗い張り後仕立て直しをしたとき新しい胴裏にしたため余っていた古い胴裏で腰紐を縫っています。
幅広で長尺のものがほしかったんですよね。
ネットで正絹の腰紐を見るとある程度値段がするし、色がついているものがほとんどで
汗をかいた時に時々色移りしてしまったりします。

これまで古い胴裏は収納時の着物枕を作っていたのですが、均一に綿を詰めるのが結構面倒で。

先日手に入れた正絹の腰紐は2種類の小紋をつなげていたので、
「つないで作ってもいいんだ!」と思って作り始めたわけです。
2m50cm近くの長さが取れないので、これまで二の足を踏んでいたんです。
でも置いておいてもしょうがないし、胴裏は白いので色移りの心配もないし。

めんどくさがりなのでわざわざ測らなくてもいいように、
横幅を半分にしてそこに切れ目を入れビリ~~~~っと引き裂いて、
それを中表に半分に折って端を縫い、だいたい9~10cmの幅になっています。
今4本できました。

ところが久しぶりに縫物をしているせいか右手の親指が攣りました…。
しょうがないので休憩していたら今度は親指がぴくぴくするんです。

やっぱり余計な力が入っているみたいです。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-06-13 15:23 | | Trackback | Comments(0)

絽 解禁!

雨が降っていたので久しぶりの紋紗の雨コートと二枚歯の雨下駄に爪皮を付けて出かけました。
雨しか使えないものがあると雨の時でも出かけたくなりますよね。

e0093705_15133094.jpg去年、買い物とファッション美術館に行った時の阿波しじらと九寸帯。
紋紗・ポリ麻の長襦袢に絽の半襟。
生成りから薄いサーモン色の絽縮緬の帯揚に水色の三分紐。
帯揚げはガラスの紫陽花。

なんだか袖から襦袢の袖が見えるときがあるなぁと思っていたら、
去年買い足したこの襦袢は裄が長かった…
そりゃ袖出るわorz

どうせ誰も見ないしで適当に身頃をつまんで縫いとめました。

これで次着るときも安心!
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-06-05 15:19 | | Trackback | Comments(0)

明日から6月なので

洗いに出していた袷や袖無双襦袢も返ってきたことだし衣替えを完全に済ませました。
縮緬・綸子の帯揚、単衣の長襦袢や
鼻緒の色や風合いが秋~春のほうがよさそうな履物、
塩瀬・縮緬の半襟、塩瀬の色半襟を片付け、
絽の帯揚、鼻緒に絽が使っている草履や下駄、亜麻の草履、
麻・紗・絽の半襟を出しました。
三分紐は基本年中使いますが、その中でも薄手のものを取りやすくしました。

あとは袷や胴抜、半無双の襦袢をお財布の中と相談して洗いに出す予定です。

単衣のものは縮緬でなければ着物・襦袢とも家で洗うのでお手入れ代がいらないため、
5月中ごろから初秋の方が着物を着たくなることが多いです。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-05-31 18:53 | | Trackback | Comments(0)

30度を超えられると

もう全部夏物にしたいくらいでした。

e0093705_18495060.jpg祖母の大島の仕立て直しをお願いに行った時の綿麻縮
先日筋肉痛になった綿の八寸帯
正直絽綴れにしたかった…
ポリ麻の紋紗長襦袢にビーズ半衿。
くすんだ水色の綸子の帯揚と今までより薄手の淡い黄色の三分紐。
柘植製の薔薇の帯留。

単衣の長襦袢ももう直そう…
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-05-28 18:55 | | Trackback | Comments(0)

衣替えしました

先週買い物に行くときに単衣・単衣綸子の長襦袢で出たら急に暑くなったせいもあるのでしょうが、
日陰や風が吹いた時はちょうどよかったものの家に帰ったら軽く暑さ負けしてました。

というわけで衣替えをしました。
半無双の襦袢を片付け絽・紗・麻の襦袢を、袷用の九寸帯を片付け夏用の帯を出しました。
履物はもう少しこのままです。6月に入ってからにします。

e0093705_8112085.jpg単衣の紬と綿の八寸。
単衣の長襦袢、久しぶりにビーズの半襟。
楊柳の肌色の帯揚、薄紫の三分紐。帯留はガラスの紫陽花。

この綿の帯先日手に入れました。シンプルだし使い出がありそうです。
汗をかいたので帰ってきてすぐ洗いました。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-05-19 08:17 | | Trackback | Comments(0)

使わなくなっている帯を

何でも1点500円券と引き換えてくれるリサイクルの着物店に持って行ってきました。

柄が気に入ったのでヤフオクで買ったはいいけれど手持ちの着物に合わなかった六通の名古屋帯と、
太ってしまったので締めるのに余分な手間がいるようになって締めなくなったお太鼓柄の名古屋帯。

その場で持っていなかった寒色系の羽織紐と、紺と桧垣柄のリバーシブルになった三分紐、
同じチェーン店の近くの店舗に行って正絹小紋柄の可愛い腰紐を買って帰ってきました。

家に帰ってから三分紐に帯留と帯締金具が通ることを確かめて一安心。

交通費はかかりますがもともと中古のものだったし、
ヤフオクに出しても売れるかわからないものばかりなので満足です。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-04-28 20:59 | | Trackback | Comments(0)

今年初の半無双・胴抜き・レース羽織

市立美術館は着物で割引だったのと
時々ネットで買っている店が百貨店にイベントできていたので着物で出かけました。

e0093705_20522122.jpg2年前の美の饗宴の時の胴抜の着物2012年5月の買い物の時の帯
薄桃色の綸子の帯揚、イベントに来ていたネット店で買った冠組の薄緑の帯締。
久しぶりに普通の帯締めなのでちょっと時間かかっちゃいました。
深緑色の半無双の長襦袢。
雨が降りそうだったのでウレタン草履。
念のため雨用草履と雨コートを持っていきました。
雨コートを着なければいけないことを考えてレースの羽織にしたけれど、
風が結構あったので少し肌寒く、
普通の単衣の羽織でもよかったかも。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2015-04-17 21:00 | | Trackback | Comments(0)