<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

このところ立て続けに

モノが壊れました。
まず子供のPCデスク。
ニトリで買ったのですが、最初から少し気になる歪みのようなものがあり、
ねじで微調整しつつ使っていたのですが、ついにキーボートを置くスライドテーブルが落ち
ガラス製だったもので割れてしまいました。3年です。

あまり部屋が広くないので横幅の広いものはおけず、なおかつマウステーブルがあり左利きにできるもの…
で探すとあまり選択肢は多くなく、子供が気に入ったもの机が見つかり、
マウステーブルが左に変えられるかどうかを店舗に問合せ。
「組み立て時の設定で取付が可能です。」だったので、即購入。
二日で届きましたが、左にできませんでした。
e0093705_22491591.jpge0093705_22493171.jpgさて、これで、
左にできるんでしょうか????

本日机を受け取りました。
迅速な発送には感謝しておりますが、
購入の決め手となったマウステーブルの取り付け位置は左側にすることが難しいようです。
添付した画像はマウステーブルをとりつけるテーブル板の裏のねじ穴部分と説明書の記載です。
この構造でどうやれば購入前問い合わせに答えていただいたように、
左側に取り付けが可能か教えていただきたいと思います。


と八割ほど破れたオブラードにくるんで問い合わせましたところ…
ご案内が待ちイガっていrました。申し訳ございません。

だいぶあわてているようなのでこれ以上追及するのはやめにしました。
以前の仕様は左にできたそうです。
返品のことも言われましたが、すでに前のPCデスクは解体していたのでそのまま使うことにしました。

次に壊れたのは毛玉取り器。
うちのはACアダプターのタイプなのですが、
回転する刃の部分が外れやすくなりついに止められなくなったので、
冬に向かって毛玉取り器が使えないのは困るので買いなおしました。
今回のはACアダプターと充電両方で使えるタイプです。

今度はリビングの電波時計。
こちらに引っ越してから2か月近くかけて探して買ったものですが、
最近電波の受け取りが悪いのか、電池残量十分なのによく時間がずれたり、
12時を指したままになってしまうことが多くなりました。
3か月近く代わりの時計を探したのですが、
この春リビングを模様替えしたときに時計を壁掛けではなく棚に置くようになったため、
さらに選択肢が狭まってしまいました。

時計のフォルムは気に入ってるので変えたくない。壊れてるのは針の動力部分。
ということで、オーナメントと針をハンズで買って取り替えることにしました。
これで、電池がなくなる時でない時計が狂うことはないでしょう。

さて、最後が私のノートPCです。
兆候は何もなく、朝起きたらいきなり画面が消えていました。
ACアダプターが抜けていたわけでもなく、電源が入っていないわけでもありません。
シャットダウンもできないので、とりあえず電源ボタンを押して強制ダウン。
しばらくたってから電源を入れても、HDDが動いてる音はしても画面が真っ暗。音も出ません。
念のため外部のモニターに映るかと思ってケーブルを探したのですが、
型番をお店の人に言って、使えるというケーブルを買ってきたのですが、使えませんでした。またかよ!
昔のモデルなので詳細が出なかったらしく、
HDMI端子がついているものとついていないものがあってうちはついてなかったものだったんです。
しょうがないので再度ケーブルを買いに行きましたがうんともすんとも画面も出ません。
やっぱり最初からほかのディスプレイで表示できるように設定してないとダメでした。
設定したくても画面真っ暗でやりようがないし。
もうしょうがないですね。修理です。
バックアップも糸瓜もない状態ですが、とにかくメーカーの保証はとっくに終わり、お店の保証もあと1か月半。
まさにギリギリのタイミングでした。

とりあえず、これでいったんは打ち止めにしてほしいです。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2013-09-07 23:04 | 壊れ物… | Trackback | Comments(0)

おそらくこの夏最後でしょう

羅の帯を締めていきました。

e0093705_23145267.jpg京都に仕立て直しをお願いしに行った時の着物と楓の羅の帯。
本当は水色の水流柄の羅の帯を付けるつもりだったのですが、
空の色が変わって秋らしい色になってきたのでこちらに変えました。
帯留もガラスの浜千鳥からガラスの蝙蝠に。
帯締は黒地のところどころ白の市松の入ったもの。
帯揚げは淡い黄色。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2013-09-04 23:24 | | Trackback | Comments(0)

8月最後に

「ルノワールとフランス絵画の傑作」展と「マリー・アントワネット物語」展に行ってきました。

「ルノワール」はだまし絵の時ほどではありませんでしたが、入場券売り場、入場ともに混んでました。
エレベーターのところまで列が伸びてしまい、少しややこしくなっていました。
でもお気に入りの絵が何枚かあったのでとても嬉しかったです。

「マリー・アントワネット」は、ルノワールほどではありませんでしたが、やはり少し並びました。
当時の風刺画は面白く(痛烈に批判はしておりましたが)、そのほかの絵も当時の様子がうかがえました。
アントワネットに一番似ているという胸像はやはり美人で、
マリア・テレジアの肖像画程ではありませんが、意志の強さが感じられました。
すごかったのはドレスの展示。ファッション博物館のように触ることはできませんでしたが、とてもきれいでした。
それから、首の曲がりそうな帽子の上の帆船。
さすがファッションリーダー?
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2013-09-04 23:05 | Entertainment | Trackback | Comments(0)