<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ところで

TROOPER BEER 666は箱で買ったのですが、↓こんな

e0093705_2303316.jpg


実はプチプチで厳重に梱包してあっただけでなく、↓こんな

e0093705_2343881.jpg


シールが4枚も貼ってありました!

そ、そりゃ代品難しいかもだし、人によってはとっても貴重なんだけど、
こんなのが貼ってあったらよっぽどのプレミアものみたい…
い、いや確かに箱に”PREMIUM”って書いてあるけど、そんな莫大な金額じゃないし…
と恐縮して受け取ってしまったのでした。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2016-04-26 23:09 | Music | Trackback | Comments(0)

今日はだいぶ気温が上がったみたい

袷を着るのがつらくなりそうな日も出てきました。
明日は夏日ですって。単衣でもいいかなって気がします。

e0093705_22133988.jpg昨年末買い物に行った時の着物。
ウールに綿の九寸、モスリンの襦袢。
クリーム色・柄物の縮緬の帯揚、濃紺の三分紐、陶器の兎の帯留。
ウールの羽織、ウールの道中着で出ました。

e0093705_2217299.jpg初詣の時の着物。
縞小紋に袋帯。この小紋は共八掛になっていました。
朱色の縮緬の帯揚、冠組の帯締。
ピンクの絞りの羽織を着ました。

e0093705_2223432.jpgお正月に買い物に行った時の着物。
ウールの着物に半幅。
こげ茶の縮緬の帯揚、黄土色の三分紐。
年末の買い物の時とおなじ兎の帯留。
ウールの羽織、ウールの道中着。

e0093705_2229820.jpgチョコを探しに行った時の着物。
三部式の帯にした博多帯。
ところどころ絞りが入った帯揚、薄灰色の三分紐。
陶器のヤマネの帯留。

e0093705_22332996.jpg志村ふくみ ―母衣(ぼろ)への回帰―に行った時の着物。
京都文化博物館東京に行った時の着物です。
絞りの九寸帯にこげ茶に縞の入った縮緬の帯揚。
青紫の三分紐にチョコを買った時に見つけた猫の陶器の小物に
帯留金具を張り付けて作った帯留。

e0093705_22432454.jpg桃の節句のお菓子を買った時の着物。
染の九寸帯、深緑の縮緬の帯揚。
黒地に白の市松の三分紐、陶器の蝙蝠の帯留。

e0093705_22494140.jpg用事で出かけたときの着物。
ハプスブルグの時と同じです。
だいぶ着ていなかったのは膨らんだのでorz
もともとヤフオクで手に入れたためこの当時でも結構寸法がぎりぎり。
柄が気に入っていたから思い切って洗い張り・仕立直ししました。
帯は松園に行った時のもの。
薄いブルーグレーの帯揚に薄いピンクの三分紐。
縞猫の陶器の帯留。
単衣の羽織。

e0093705_231311.jpgルノワールの時の着物。
大島に組織りの八寸帯。
黄色の帯揚に茶色の三分紐。
黄楊のチューリップの帯留。
単衣の羽織。
4月に入ったので縮緬の帯揚はやめました。

e0093705_2364698.jpgメイデン話をしたかったので出かけたときの着物。
エルミタージュの時の胴抜小袖の時の九寸帯。
これまた膨らんだので六通以外の帯はあまり締めていないのですが、
この帯は六通に見えますが
お太鼓の部分と前帯の部分のみに色が差してあり、
結構ドキドキでしたが着れました。はははorz。
水色の市松の織り目のある帯揚に冠組の帯締。
レースの道中着を着て出ましたが、帰りは脱いで帰りました。

さすがにほっときすぎました。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2016-04-25 23:20 | | Trackback | Comments(0)

少しでも浸りたく

今頃ちょうど日本公演の二日目が終わるころ。

彼らが日本についた次の日、せめて彼らが日本にいる間に
TROOPER BEERをもう一度呑めないものかとネットで探したら
前に買ったところとは別のところで発見!
666も発見!


まさか他の店舗とは思ってなかったし、時々検索してもヒットしないから検索するたびにあきらめてましたが、
たぶん来日するからっていうのもあったのかも。

即購入したら昨日発送してくれ、今日の昼過ぎに届きました!!!!

すぐに野菜室で冷やしてちょうど開演のころに子供と乾杯!

e0093705_21205073.jpg


次男念願の初TROOPER BEERです!
おいしかった~~~( *  ̄ ∇  ̄ * )
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2016-04-21 21:27 | Music | Trackback | Comments(0)

何度も上野にはいっていますが

おなかの都合とその他体調に時間がうまく合わず
これまで上野のハードロックカフェに入ることができていませんでしたが
3月初めて入ることができました!!

そこそこちょうどいい量のお昼を食べられ、しかも座った席の前の壁には
Tommy Leeのカウベルが飾られてまして本当に満足!
食後そのままグッズスペースに回り子どもらにお土産も買えたのでほんとよかったです。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2016-04-12 14:16 | Music | Trackback | Comments(0)

またほったらかしすぎてる

そろそろ忘れそうなので覚書

2月に
「エッケ・ホモ 現代の人間像を見よ」と「中山みどり フェルトアート展」を長男と、
同じく2月に「志村ふくみ ―母衣(ぼろ)への回帰―」、
3月に「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」「カラヴァッジョ展」「ボッティチェリ展」、
やっと学校の始まってすぐに「光紡ぐ肌のルノワール
に行ってきました。

「エッケ・ホモ」は…えっとその…
新聞広告や入ったすぐのスペースの作品で親子とも「とても面白そう」と思ったのですが…
だんだんと怪しくなっていき、次元?世界?時空?が違うと思うくらい親子ともよくわからなくなりました…orz

もともとは「フェルトアート」に行く予定ではなかったのですが、
「エッケ・ホモ」を見てばねが出そうになった頭の中をリセットし、
癒されたい・もふもふしたいという欲求?に親子ともども抗えず見てしまいました。
とっても安らげました。ははは…。

糸・布のものはいつも思うのですが、とてもきれいな色を印刷では再現できないものですね。
図録がないとイメージを思い出しにくいので買うのですけど。

「国芳・国貞」はとても満足です。
国芳はそろそろ同じものを見ることが増えてきましたが、それでも何度も見たくなります。
国貞展には行けていなかったので堪能しました。
弁慶縞のシリーズや藍摺絵は初めてで、特に藍摺絵は思っていたよりとても綺麗なものでした。

「カラヴァッジョ」は影の濃さのせいかとても迫力を感じ、「ボッティチェリ」には穏やかさを感じました。

「ルノワール」は何度も行きたくなる好きな画家です。
今回の展覧会名にもある「光紡ぐ肌」にとても透明感や美しさを感じられるのです。
これまであまり見たことがない彫像やリトグラフもわずかですがあったので興味深く見てきました。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2016-04-12 14:09 | Entertainment | Trackback | Comments(2)

皆さん頑張るなぁ

朝のニュースで企業のエイプリルフール企画を見て検索してみたら出る出る( *  ̄ ∇  ̄ * )

そうきたか! 日本企業の本気すぎる「エイプリルフール」まとめ

テレビで見たのは「nissen×nissan×nissin」でしたが、
ここに載ってる中では「ドローン送迎」と「Qカー極」がなんか気に入ってしまいました。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2016-04-01 21:58 | Trackback | Comments(0)