<   2017年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2017年7月前半まで

ここ二日ほど涼しいので薄物を抵抗なくなおせました。

e0093705_21453583.jpg クラーナハの時の着物。
 袷の小紋に落し物を取りに行った時の帯。
 綸子の帯揚・冠組の帯締。

e0093705_21581790.jpg 芳年の時の着物。
 鹿の子絞りの袷に東本願寺の至宝展の時の帯。
 祖母の羽裏を帯揚にし冠組の帯締。

e0093705_22125646.jpg 両親の友人も含めた食事会の時の着物。
 去年の親族会の時の着物とグラデーションになった袋帯。
 綸子の帯揚・冠組の帯締。

e0093705_22201902.jpg 親族会の時の着物。
 5月になりちょっと気温が上がったので胴抜です。
 肉筆浮世絵-美の競艶の時の着物と
 コスコのRedStarプレゼンツを買った時の帯。
 ぼかしの入った帯揚と冠組の帯締。

e0093705_22301576.jpg 藤城清治 光の楽園展の時の着物。
 ほとんど夏日に近かったので四万六千日や買い物の時の阿波しじらと
 メイデン話に行った時の帯。
 絽縮緬の帯揚、久しぶりの三分紐にうさぎの帯留。
 ビーズの半衿、紗の長襦袢。
 この時エスカレーターで上っているときに黄楊の簪が落ちて
 木端微塵になりました…orz

e0093705_22423322.jpg 買い物に行った時の着物。
 神戸の国芳国貞の阿波しじらと九寸帯。
 絽縮緬の帯揚、冠組の帯締。
 ビーズの半衿、紗の長襦袢。

e0093705_22543800.jpg ティッシュケースを買いに行った時の着物。
 ポリ麻の縮と絽の八寸の帯。
 絽の帯揚に冠組の帯締。
 麻の半衿にポリ麻の長襦袢。

冠組の帯締めはフォーマルからカジュアル、季節も問わず使えるので便利です。
思ったより長くなったので(←ほっときすぎ)残りは後日…。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2017-09-29 23:05 | | Trackback | Comments(0)

2017年夏まで

見たい野球がやってないので覚書を

「クラーナハ展―500年後の誘惑」
子どもらと行こうと思っていたが都合が合わず結局学校も始まってしまい終わるぎりぎりに
とある漫画内で出てきた画家なのでちょっと見たかったからという理由でしたが、よかったです。
やはり印象に残るのは透き通るような肌の裸婦たちでしょうか。
発育途上のようにも思えるのに目に妖しさを感じました。
ちなみに「クラナッハ」と思ってました。

2月3月と体調を崩していけなかった分の反動と、クラーナハでチラシを見てしまったので「芳年」に。
今回の私的な目玉は”英名二十八衆句”がすべてそろっていたことでした。
バラバラには見たことはあっても全部がそろっていたのは初めて。
一応無残絵が苦手な人のためにちょっと囲われたコーナーになっていたので、しっかり堪能できました。

その週末に長男と「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」一番いきやすい大阪で。
自伝的漫画と朝ドラでどのように生きてこられたのかはだいたい知っていましたが、
子どものころの絵などを見たのは初めてだったと思います。
一番心に残ったのは戦争の部分です。
意外に楽しめたのが映像といろんな人からの追悼メッセージ。
また、グッズ売り場はおもちゃ屋のよう。
百鬼夜行のように水木さんのキャラクターが歩いているTシャツ、火の玉花火(一つだけ目玉おやじ)の手ぬぐい、
鬼太郎と目玉おやじとねずみ男の解剖図、花札などなどウイットがきいたものばかり。
種類も多くて長男とながながと悩みました。

5月に「藤城清治 光の楽園展」
テレビで”平和の世界へ”の制作の特集をしていて実物を見てみたかったのです。
よく見たメルヘンや童話だけでなく宗教的なもの、祭り。
面白かったの”銀座いろはかるた”と”日本一大阪人パノラマ”、驚いたのは”ウイ・アー・ザ・ワールド”の連作。
裏まで見れる「ミニ影絵劇」もちろん表と裏2回じっくり見ました。
グッズ売り場ではやはり絵葉書だと普通の絵画以上に魅力が半減してしまって、
思わず複製画の売り場を見てみましたが当然ですがとっても高くて断念。
光にすかせば絵葉書より近づける絵柄のクリアファイルを買って帰りました。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2017-09-27 21:44 | Entertainment | Trackback | Comments(0)

お疲れ様でした

安藤投手が引退会見をし、ニュースでは狩野選手が引退を決意したことが流れています。

安藤投手は2003年(防御率1点台!)、2005年の優勝に大きく貢献してくれました。
そのあとは開幕投手を務めたり、ここ数年はリリーフとして頑張ってくれてました。
去年は50回登板したのに今年はまだ1軍に上がってこず、
年齢のこともあり阪神のニュースが流れるたびドキドキしていました。

狩野選手で思い出すのは2009年と育成落ちから上がってきたあとでしょうか。
故障の矢野さんにかわってマスクをかぶって奮闘してくれました。
能見・狩野のイケメンバッテリーのヒロインはもう感動もの。
てっきりそのまま正捕手としてやっていくと思いきや2009年オフに城島、2010年オフに藤井を獲得。
ファンとして複雑…というより正直ムカついてました。
もちろん城島や藤井のせいではないのは分かってるんですけど。
そして腰をいわし、育成落ち…。
一時は本当に引退を覚悟してたそうですね。
でも14年は1軍初登録で大活躍!ヒロインが雨で流れちゃったときはすごく残念でした。
その後も勝負強いバッティングを何度も見せてくれてました。
今年は選手会長でしたが、ずっと2軍で先日1軍に上がって試合に出てもヒットが出ず、また登録抹消。
いやな予感はしてました。

お二人とも本当に長い間ありがとうございました。

ところで、今日買い物に梅田に出たからタイガースショップもいったけど、
狩野はまだ用意が間に合わなかったのは納得できるけど安藤のコーナーもないってどういうことよ!!!!

[PR]

by hiyaya-6-gw | 2017-09-17 00:49 | Baseball | Trackback | Comments(0)

ヘドバンどころでない…

最初にヘドバン禁止令を出されてはや7年。
ほんの時折左手や右手にしびれが数日出るときはあっても長引くことなく、
脊椎関係でいえば時々ぎっくりになる方がつらく首はほとんど気にならない日々を過ごしてきました。

が、ただ今、首の動きが制限されてしまっております。
ヘドバンどころではありません。
深くうなづけません。首をそらすこともできません。

きっかけは日曜。実家で箪笥の上の姉の行李を下す手伝いをしたときです。
いつもはさらに子ども達に手伝いを頼むのですがその時はいませんでした。
まず姉が脚立に上がり行李をずりずりと箪笥の上からずらして手に持ったわけですが、これが姉には重かった…。
姉が脚立から降りるために行李を持ち替える間とっさに両手とで行李を支えたんです。
そのあとなぜか姉は長い辺を体につけて短い辺を両手で持ったまま脚立から降りようとしました。
私は長い辺を二人で持つつもりでいたので想定外の動きに体勢の移動がままならず、
二人でへたり込む感じで行李を下すことになってしまったんです。

そのときは体のどこからも何にも音もしなかったんです。
変な降り方になって足をぶつけちゃった姉が痛がってたくらい。

でもしばらくたってからだんだん首回りが痛くなってきたんです。
なんか動かすと痛いし張ってる感じするし…
とりあえず手伝いも終わったんで家に帰って車庫入れしようとすると…

後ろに振り向けません

え??なんで??

仕方ないのでバックミラーとサイドミラーで確認しながら車庫入れ。
家に帰ってとりあえず消炎剤を子どもにぬりこんでもらったんですが、痛みとこわばり感がちっとも減らない。
なんか頭痛までしてきました。

しょうがないからちょっと休もうとベッドに寝転がろうと仰向けになったら…

枕に頭を置く動きすら首が痛い!
さらに
痛いから起きようとしても首が痛くてちょっとも頭が持ち上がらない!
寝返りを打ちたくても痛くて頭が動かないから寝返りができない!


頭痛と首痛みと気持ち悪さで知らず口から咆哮のような声が出てました。
なんとかかんとか体を起こして結局座ったままで一休み。
晩御飯をしようと思いましたが、腕を動かしても特に上腕を動かすと首に響く。
しょうがないので子どもらに晩御飯を頼みました。

さすがにおかしいと整形外科に月曜朝一で行きたかったのですが、
運悪く朝一に乳がん検診の予約を入れてしまっていました。
もう一度取り直すと1か月先位になるのもなんだしとまず乳がん検診に行ったのですが、
朝起きてから病院に行くまでの間にだんだん動けなくなっていくことを実感。
首はうつむき加減から痛みとこわばりで動かせず、腕を持ち上げることもできません。
足のためにキャリーバッグをずっと使っていますが、その車輪が段差に躓いてもその衝撃が腕を通って首まで響く。
床に置いた鞄を膝の上に持ち上げられず、一度立って座りなおすときに直接膝の上に置く方法しかできません。
名前を呼ばれても振り向けず、手も少ししか上げられず。
診察着への着替えも必死。腕が上がらないので上着が脱げてこない。上半身を折り曲げてちまちま引っ張る。
髪をまとめなおそうと思ったけれども、頭まで腕を近づけることができずくちゃくちゃのまま。

診察が始まりしょっぱなに「手を頭の後ろで組んで胸をそらせて」

え…痛くてできない…orz

後ろの看護師さんに手伝ってもらってその姿勢にひぃひぃ言いながらなって診察。
何とかクリアして次はマンモ。
これが痛かった…
いえ、はさまれた胸じゃなく、体勢がつらかった…
ほんと予約取り直したらよかったです…orz
なかなか言われた体勢を維持できず撮り直しになるし…

さらに動かなくなってきて着替えがさらに手間取り、頭痛と首の痛みでまたなんか気持ち悪くなってきたので
本当は一度家に帰ってから整形に行くつもりだったのですが、これ以上時間を延ばしたくないと直接向かうことに。

あちこち動かしてみて肘から下は動かしても大丈夫なことを確認できたので、
何とか日傘をさし(目のせいで人よりまぶしいんです)、
日傘がサングラスにあたるたびにうめき声、キャリーバッグが引っかかってもうめき声。
明らかに「変な人」状態で疲労困憊で何とか整形に到着。

先生に説明するために手をちょっと動かしちゃあ「いて!」「もう夜もこう…」「あて!」「今もこう…」「あう!」
てな感じ。
先生が「ここは?」と触ったところが飛び上がりそうになるほど痛い!
一つ安心できるのは腕を動かして首が痛くなっても腕自体に痛みや痺れがないとこ。
先生も私が状態を話している間に指先をはじいてそれを確認していました。

で、レントゲンを撮ってもらったわけですが、7年前のレントゲン写真より明らかに
頸椎の状態が悪くなっているのが私でもわかる。
なんかこの展開前も見たけど。
で、でも足のは9か月そこそこだし!首は、7年分だし!
いや全然フォローにならないし…orz

頸椎の形が悪いための椎間板のへたりと骨の棘が出てきているってことです。
もちろん急にここまで痛くなったのは首に力をかけたため。
炎症を起こしているので収まるまでは温めたりマッサージしたり運動もダメ。
炎症が治まるまでは筋肉の張りを抑える薬と鎮痛剤、消炎剤で過ごしています。
落ち着いたら電気を当てたりをし始める予定。

薬が効き始めるまでが一番つらかったです。
首がうつむきから動かせないし腕も上げられないので「コップをあおる」ことができません。
つまり薬が普通に飲めません。
即ストローを買いました。
消炎剤も子供にぬってもらい、髪の毛をくくることも頼みました。
寝るときは枕と抱き枕とごろ寝枕を重ねその上にうつむきになり、
肩が上がらないように枕を微調整して寝ました。

今は何とか最初に書いたくらいにまで来ています。
重いものを持ち上げるとまだ響きますが、ただ腕を上げるのならほぼ大丈夫。
頭に手が届くようになったので髪の毛も洗えました。
あおむけで寝るのとコップをあおること、眼科でもらっている目薬を差すこと…
つまり首をそらさないとできないことはまだ辛いです。

たかだか行李を下すだけでこんなことになるとは…。
気をつけなきゃダメですね。

これじゃもしAlice Cooper単独公演来てもはじけないよぉ…
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2017-09-06 19:20 | 壊れ物… | Trackback | Comments(0)