<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一回りして戻ったらしい

何かといいますと”架空請求詐欺”です。今日テレビでやってました。
私が受け取ったのははがきでしたが(もう12年も前です)、
その後はメールなどに方法を変えていたようです。
しかし迷惑メールの対策などもあってまたはがきも増えてきているようです。

とはいえ特徴は私が受け取ったものと変わらないようです。
・公共機関の名前をもじる
・賠償金額や未払い金額などの具体的な金額が書いていない
・記載されている期日が受け取った日からそれほど間がない
・個人情報保護のため本人が連絡するように書いてある

電話をすると丸め込まれてしまってお金を払ってしまうとほかの詐欺グループにも狙われるので、
まずは
・慌てない
・書かれている電話番号には絶対にかけない
・身に覚えがなかったら無視してたらいい
です。

消費生活センターや警察に連絡というのもあります。

それに私がしたように住所や電話番号、公共機関のような名前を検索すると
大抵、架空請求で注意を呼びかける内容が出てくるはずです。
それなら安心できますよね。

とにかくご注意を。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2018-08-28 22:12 | Trackback | Comments(0)

つくっちゃった

針持っちゃったし縫いかけがあるし、晩ならほんの少しだけましだしで、
途中のものだけでも仕上げることにしました。

こんな↓

e0093705_22224209.jpg
 帯の表地裏地を正方形に切り
 隣り合った角を合わせて2か所縫い
 縫い代を折って表裏を合わせてとじつけました。


e0093705_22224685.jpg
 ホックは子供服によく使う縫わなくていいタイプ。
 これを表地を縫ったままほっぽってたわけです。

この前貼り忘れた長男の作務衣のズボンの繕いはこれ↓

e0093705_22225579.jpg
 ね?縫い目が畝みたいに見えません?
 いえ見てくださいorz

裏はこんな↓

e0093705_22225844.jpg
 表の目立たなさに比べたら大胆です。
 でも夏用の畝のある生地は他は白地だけだったので。

どちらも自分や家族が使うからいいやなレベルです。

え?残りのはぎれ?
またいずれ…します。多分。
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2018-08-05 22:57 | | Trackback | Comments(0)

しばらく針を持たないつもりでしたが

長男が「しじらの作務衣の股が裂けた」といって帰ってきました…orz

次男の時ほど大事にはなってないのですが、縫い目がほつれたわけでなくがっつり布からやられてました。
そりゃ作務衣は作業着だろうけどしじらが耐えられるわけないやろってまったく…
和室にこもりたくないのにぃ…

とはいえこの季節に着る物の枚数が減るのは困ります。
しょうがなく繕うことにしました。

まず、はぎれ入れから以前ポリ麻生地を手に入れた時におまけにもらった夏用の綿生地を探しだしました。
微妙な大きさだったのでそのまましまっていたのですが、色的にも素材的にも手触り的にもぴったり!でした。
これを補強用に使うことにして裂けた長さより5cmほど長めに10cmほどの幅に2枚切り、
薄くて心もとないのでそれぞれ半分に折って2枚重ねの状態に。
それから裂けた縫い目を裂け目ギリギリの位置で時々半返しにしながら縫い直して縫い代の始末。
アイロンで縫い目をきちんと倒してから補強布を重ねて布のふちに沿ってぐるっと縫ってから
ひたすら補強布を表地に刺し子のように縫いつけました。

表に反して見てみると、刺し子のように縫った縫い目がしじらのしぼみたいにみえてうまくごまかせた感じです。
もう1枚の補強布は、まだ無事な反対側のおなじ部分に予防のため同じように縫いつけました。

次男よりましとは思ったもののお気に入りがおしゃかになったと思って凹んでた長男。
生地が薄いので直るともあまり思っていなかったようで直したズボンを渡したら浮上しました。
補強布の肌触りも補強布分ぶ厚くなった股部分の感触も問題なかったようで一安心です。

でもやっぱり和室にこもりたくない…
[PR]

by hiyaya-6-gw | 2018-08-03 20:29 | | Trackback | Comments(0)