人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

カテゴリを増やしました

「元旦にいろいろあった」とか「出かけるペースが落ちている」と書きましたが、
新しいカテゴリがその理由です。

最初に首からくる痺れが出たのは9年前、この時は左手の中指~小指でした。
骨棘が出てきているといわれたのが首を全く動かせなくなった一昨年の9月
首の痛みが取れてからあとは肩こり改善と予防の運動を時々したりマッサージに行ったりするくらいでした。

今年の元日、朝起きると右の肩甲骨の背中側に痛みがありました。
この時も以前と同じように寝違えかなぁと思ったり、
おせちと大掃除で筋肉痛なのかなぁとも思ったりしてました。

さて、顔を洗って髪をまとめメイクをして着物を着はじめたんです。
でも、なんだか腕が動かしづらいのと右手指先の感覚が変で、
着物は着れたのですが帯をうまく締めることがなかなかできません。
実家に行く時間が迫っていたのもあり結局着物はあきらめて洋服に着替えました。

実家で朝昼兼用のおせち・お雑煮を食べて帰宅。
晩御飯に家のおせちを食べて夜寝る前、コンタクトレンズを外しケースに入れようとしたとき、
指が変な感じのせいかケースにうまくホルダーを入れられません。
変だなあと思いつつホルダーをぐいっと回すと手元で「ぴきっ」
「えっ」と思ってよく見たらレンズ割れてました…orz

着れなかった着物は片づけずそのまま4日の初詣で着ていきましたが、
その時にも肩甲骨の痛みは消えず範囲も広がり、右手指先の違和感は増していました。
そして、7日ごろには何を触っていても右手親指~中指の指先が
常に薄皮をかぶっているような感覚になってしまいました。

ちょっと寝違えにしてはおかしすぎるので8日に整形外科へ。
症状を話し先生の言うとおり首を動かしてみますと、
首を後ろにそらすと痛みが肩先に飛びました。
そこでレントゲンを撮ってもらったら、一昨年の9月よりさらに首の状態は悪くなっていました。
とにかく痛み止めと電気治療を始めたのですが、痛みは日ごとに右肩甲骨の周りに沿って外側に移って行き
背中~肩とは別に右上腕の外側に締め付けるような痛みまで出始めました。
そして常に右手親指~中指にしびれも。
さらに腕を伸ばしていようが曲げていようが5分と同じ体勢でいると
右腕全体にだる重いような痛みと、肩から親指~中指まで強い痺れが起こるように。
また右胸の鎖骨下あたりにも腕に痛みが来るのと同じタイミングでキリキリとした痛みまで。

鎮痛剤を強いものに替えたり増やしたり、
肩・首の電気治療に加えてしびれが出始めた時点で牽引もしてもらったのですが
全く状態がよくなりません。

MRIを撮ってもらったところ、脊柱管狭窄・両側椎間孔狭窄による脊椎圧迫、神経根圧迫からきてるとのこと。
めちゃめちゃ悪い状態ではないが、ブロック注射もダメなら手術になるかもと。

結局2か月くらいかけて薬を限度ぎりぎりにしてもらって、電気治療も受けても
痛みはちっともなくならないし痺れも消えないため、
ブロック注射をしてくれるペインクリニックに転院することになりました。

2回打ってもらったのですが、今のところあまり変化はない様子…。

現在一番つらい腕の位置は、椅子に座ってテーブルに手を置いたり、パソコンに手を置くくらいの位置。
つまり事務仕事をするときや台所で包丁を使う時の手の位置なんです。
5分以上続けてその体勢でいてられないので、実はこの文章3日くらいかけて書いています。
正直3か月もこんな状態と思ってなかったのでけっこう疲れます。
処方されている鎮痛剤は眠気を伴う時があるようなんですが、
ブロック注射のあとの方がちょっと眠い日が増えている気もします。
歩いていても数分に一度立ち止まるような状態なので普段の買い物が精いっぱい。

そんな状態なので着物を着て出かける気にもなれず、お正月に着物を着てから全く着ていません。
先も全くわからず、ちょっと途方に暮れているというか…

そんなこんなのここ数か月です。

by hiyaya-6-gw | 2019-04-05 23:21 | 頸椎・腰椎 | Trackback | Comments(0)